読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私欲を捨てず、それでも人のために生きていきたい

 
 
ただいま深夜2時頃。
毎日のようにこの時間帯は、寝る気になれず、だけど、特にすることもなく、ただ目の前を空っぽの時間が消費していくことが多い。
本当は、留学のためにTEDを聞くとか、大学で借りた本を読むとか、意義のある時間の使い方はいくらでもできるのに、何もする気にもならないのだ。
ただ今は年始にブログを続けると宣言したことを思い出し、きっと誰も見てないことなんてわかっているけど、ただ思いつきで文章を綴っている。
 
ブログは好きだけど、書くことではなくて見ることが好きなんだなと思う。
好きなブロガーはたくさんいて、はせおやさい(id:hase0831)さんや坂爪圭吾(id:ibaya)さんの優しい文章は特に好きだ。
その他にもたくさんのブログを拝見していて、とても素晴らしい文章を書いている人が多くて、自分もいつかそんな誰かの心を動かすような文章を書いてみたいと思って、何度もブログに挑戦してきた。
大学1年の頃から、noteやはてなど色んなところにブログを開設して、恥ずかしくなって消して、そして、また懲りなく始めている。
どれも見栄で始めたものばかりだった。
 
 
初めから誰かの心を動かすことができると確証を得た文章なんか存在しない。
あるのは”思い"だけだ。
そこには、良いも悪いも、本当は存在しない。
それなのに、自分を良く見せたくて、感動的な文章を書くことに固執しすぎていたから、思うように書けないと苛立ちブログが続かなかったんだと思う。
 
 
大切なのは、自分の欲望を満たすことを諦めることなのだろうか。
他人に気に入られようとしても、よっぽど器用じゃないと大抵そういう浅はかな行動はすぐ見破られるし、上手くいかない。
だから、自分を良く見せることは諦めたほうが人生上手くいくはずだけど、果たしてそんな人間が存在するのだろうか。
利己的な感情を捨て、利他的に生きていくことを勧めてくる人がいるが、自分の欲望に蓋をして生きていくのは辛いと思うし、満たされなかった感情がいつか爆発して、結局誰かを不幸にしてしまう気がする。
 
そういえば、人間は他人に共感でき、他人の幸せに貢献することが自分の快楽になる、という話を聞いたことがある。
なんでも経済学の父と呼ばれるアダム・スミスは、このことを前提に国富論を書いたらしくて、資本主義って良いじゃん、なんて思ったりした。
自分は大学生でまだ仕事はしてないけど、心の底から誰かのため、社会のために労働することは偽善じゃなくて、ちゃんと成り立つってことなんですよね、きっと。
だって、自分の人生のなかで、やっぱり誰かのためにした行為ってあるもんだし、仕事だけそれが適わないなんてことはないはずだ。
ただ、どんなに他己心で行動しても、結果人のためにならなきゃ仕事の意味がないか。
 

だらだらと書き連ねてきたけど、眠くなってきたのでそろそろ終わりにしようと思う。

結論は、利己的な感情を受け入れ、それと利他的な感情とが重なるように行動におとしていくことかなと思う。
それの交わるところがどんなところなのか言えないので、わかるまで自分に問いかけていきたい、利己と他己が交わることがあるのか、他の人に経験や意見を聞いてみたいなー思う。
 
 
ただ、俺もお前もそれぞれ楽しく、そしてみんなで社会を良くしていこうなって感じで生きていけたら、良い。
 
 
 
とりあえず、明日も生きましょう。

 

2017年1月1日

あけましておめでとうございます。

 

一年の初めとして、何かを始めるにはいいきっかけなので、今年はブログをちゃんと続けてみようと思います。

ブログは今までも何度かチャレンジしたんですけど、飽きて続かなかったんですよ。



 というわけで、今年一年の目標!


 

1:ブログを続ける

→自分の思いや考えを伝えるのが苦手なので、上手く伝えられるように鍛えたい。良く見せようとすると辛くなるので、自分のために書きます。

 

2:ランニング

→これも何度も挫折してるんだよね。別にダイエットしたいわけでもないけど、健康的な身体を保ちたいので続けます。


 3:英語の上達

→いちおう今年留学することが決まってるので。数値化してログ残していこうと思います。

 

4:テレビ・youtubeを極力見ない

→去年、無駄だと感じたのがダラダラとテレビやyoutubeを見続けてしまうことでしたね。楽しいんだけど、ほどほどにします。特にyoutubeなんか永遠にオススメ動画見ちゃうから。あと、SNSも同じかな。

 

5:現状を確認する癖をつくる

→昨年は、夢や目標に到達するためには、自分の今いる場所を把握することがとても大事だと実感しました。

どこかに行くときって、自分の現在地わかってなきゃ絶対辿り着けないじゃないですか。

2016年は行き先だけ決めて、がむしゃらにもがいて失敗することが多かったです。

2017年は現状把握・分析を怠らないようにしていきたいです。

 

6:与えられる人になる

→自分は生かされているという事実を身に染みて感じた一年でした。今の自分は決して一人で築き上げたものじゃない。いっぱい救われてきました。自分が認識している以上にたくさん救われてて、見落としている優しさもたくさんあると思う。

なので、今年は、一人でも多くの人のためになるように意識して行動します。

 




と、こんな感じです。



 2017年も、生きましょう。